日本茶(にほんちゃ)とは、日常の会話で用いられる用語で、「日本のお茶」もしくは「日本で作られたお茶」あるいは「日本でよく飲まれるお茶」と言った意味合いの言葉である。茶の学術的な分類として定義された言葉ではない。ちなみに日本3大銘茶は『色の静岡、香りの宇治、味の狭山』と言われている。

一般に、蒸すことで加熱処理をして酸化・発酵を止めたのち、揉んで(揉まないものもある)、乾燥させる製法をとる。茶葉は摘んでまもなく加熱処理されるのですぐに発酵が止まる。このため、日本茶は普通緑茶のことを指す。蒸す代わりに釜で炒る加熱処理を用いる場合もある。この製法をとる日本茶を釜炒り茶という。釜炒り茶としては九州の嬉野茶などが有名である。蒸す製法は日本独特のものであり、炒る製法は中国茶のそれに近い。

出典:ウィキペディア